海外ドラマ御三家の『LOST』、出演俳優はその後も活躍中! – 海外ドラマの思い出(3) –

海外ドラマ御三家の『LOST』、出演俳優はその後も活躍中! – 海外ドラマの思い出(3) –

Pocket

『24』から始まり、2作品目は『プリズン・ブレイク』と覚えているのですが、実は3作品目以降は何を見ていたのかはっきり覚えていません。というのも、この辺りから並行的に何本も見てた気がするので、もはや記憶の順番がゴチャゴチャになってます。
スポンサードリンク
『プリズン・ブレイク』以降は、『BONES(2005年-)』『LOST(2004-2010)』『Dr.HOUSE(2004-2012)』辺りを見ていました。
その後は『NUMBERS(2005-2010)』『スーパーナチュラル(2005-)』『HEROES(2006-2010)』などを経て、『デクスター(2006-2013)』『バーン・ノーティス(2007-2013)』をDVDで見てたわけですが、これらの作品の中盤くらい、2009年以降からは引っ越しをしてからCSに加入したため、DVDでの視聴は終わり、最新作はCSのFOX、AXN、スーパー!ドラマTVで見ていくことになります。
徐々にこの辺りのことも語っていくとして、『プリズン・ブレイク』の後に見たドラマとして『LOST』を紹介したいと思います。
海外ドラマ御三家の一角、大ブームを産んだ作品
『24』、『プリズン・ブレイク』と並んで、この時期の海外ドラマ御三家とも言われているのがJ・J・エイブラムス製作総指揮の『LOST』です。エミー賞、ゴールデングローブ賞も受賞しています。
ドラマのシーズン1のあらすじをDVDの商品説明から引用してみましょう。
飛行機が太平洋上のある無人島に墜落した。絶え間なく続く悲鳴やうめき声の中、搭乗者の一人である医者のジャックが意識を取り戻す。ジャックの目の前には、無残に破壊された機体と多くの遺体、そして助けを求めて泣き叫ぶ人々の姿があった。生存者はわずか48名。人種も国籍も職業も様々な生存者たちは、対立しながらも生き残る為にはお互いに協力するしか道はなかった。しかし、機体の残骸から手錠や銃が発見され、生存者たちは不安に掻き立てられる。お互いに広がる疑心と不信、そして食料や水は次第に減っていく・・・。しかも、この無人島は、何か悪意が満ちており、多くの秘密があるように感じられた・・・。
無人島に墜落した飛行機の生存者が、謎の多い島で生き残るためのサバイバルミステリーなのですが、とにかく謎・謎・謎の連続です。だいたい毎シーズンの最後にどでかい謎を残してクリフハンガー状態で次のシーズンに続いていきます。とにかく謎が雪だるまのように大きくなっていくので、シーズン1よりシーズン2、シーズン2よりシーズン3というように面白さが増していくドラマでした。
またドラマの特徴としては、
メインのストーリーラインである島での日々を追いながら、登場人物の過去が随所に挿入される構成が特徴。各エピソード毎に1人または複数人の過去が少しずつ明かされ、各キャラクターの人物像が浮き彫りになると共に、島で初めて会ったはずの彼らの過去の繋がりが見え隠れする。
Wikipedia
というのがあります。過去と現在のシーンが入れ替わり、徐々に登場人物の素性が明らかになっていくことで、しだいに登場人物に感情移入していったりもします。
出演俳優はその後、ドラマや映画で活躍中
『LOST』には、魅力的な俳優陣が多く参加して、『LOST』以降もドラマや映画で活躍されています。中心人物の1人、ケイト・オースティン役の女優エヴァンジェリン・リリーは、その後『ホビット』や『アントマン』に出演しています。
サバイバル術に長けたジョン・ロック役のテリー・オクィン、巨漢な好人物ヒューゴ・レイエス “ハーリー”役のホルヘ・ガルシア、英語を話せない韓国人男性ジンスー・クォン役のダニエル・デイ・キムは、揃って『HAWAII FIVE-O』に出演しています。
実は途中までは2倍速再生で見てました・・・
サバイバル x サスペンス x ミステリー x SFの相乗効果で、面白いことは間違いない本作ですが、シーズン1~シーズン3のストーリー展開が冗長なのが気になりました。シーズン1は25話、シーズン2は24話、シーズン3は23話あるので、3シーズンで72話です。毎回話しが進展するわけでもなく、個人的に中だるみしてしまうこともありました・・・。ですので、私の場合は、必殺2倍速再生を発動させて、ちょっとダレてるところはサクサクっと早見していた記憶があります。
『LOST』はストリーミングではhuluで見られるようです。DVD全巻セットもお手頃な価格で販売されているので、気になった方はこちらで購入してご覧になるのも良いかと思います。
プロモーション動画
スポンサードリンク
Tagged with:

Related Articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *