iPhoneのLightningコネクタに接続して給電&イヤホン視聴できる『Accessport』

iPhoneのLightningコネクタに接続して給電&イヤホン視聴できる『Accessport』

Pocket

iPhone7になって姿を消したイヤホン端子のせいで、3.5mm端子のイヤホンを使えないと嘆いている方は多いはずです。Lightning接続のポタアンをかますという手もありですが、Kickstarterで募集していた『Accessport』というガジェットが魅力的だったので紹介したいと思います。
スポンサードリンク
前述の通り、iPhone7からイヤホン端子がなくなったことで、iPhone7でイヤホンを使う場合は、ごく少数のLightning端子のイヤホンか、Lightning接続のポタアンをかまさなければならなくなりました。これって結構面倒くさいですよね。しかもLightning端子をイヤホン用に接続すると給電ができなくなるというデメリットともあります。
iPhone7発売直後から、このデメリットを解消するような給電&3.5mmイヤホン端子接続ができるアダプタも登場しましたが、ポタアンほどの音質向上は見込めず、高音質で音楽を聴きたい人には困った状況が続いています。
そんな中、クラウドファンディングのKickstarterで出資を募集していたのが『Accessport』というガジェットでした。1万ドルの募集額に対して、最終的には8万ドルの出資を得た製品ですが、出資者は29ドル(日本への発送は+30ドル)で『Accessport』を1個入手することができます。募集は終了していて、発送は2017年3月になるそう。
接続写真はこんな感じ。
Accessport

Accessport

機能としては、Lightning端子に接続したアダプタが途中で二又に分かれて、それぞれ給電用のLightning端子と3.5mmイヤホン接続用端子を接続できるようになります。特徴としては96kHz/24bitのハイレゾ対応することや、再生・早送りなどのリモコンなども使えます。今後iPhoneを買いなおしていくと必ずLightning→3.5mm変換が必要になるので、どんなものなのか試してみたいと思い私も出資してみました。3月頃到着する予定なので到着したら簡単なレビューをしてみたいと思います!
紹介動画
スポンサードリンク

Related Articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *