ヒップホップを知らないアラフォー手前の男子がRAPをはじめる理由

ヒップホップを知らないアラフォー手前の男子がRAPをはじめる理由

Pocket

私のことをリアルで知ってる人にとっては突然ですが、40手前のアラフォー男ですが、これまで縁もゆかりもないRAPにチャレンジすることにしました。今回はなぜRAPをはじめてみようと思ったのか、その理由を書きたいと思います!
スポンサードリンク
聴いている音楽といえば、カラオケで歌いたくなるJPOPや、洋楽のヒットチャートが主でヒップホップというジャンルはこれまでほとんど聴いてませんでした。なぜそんな私が突然RAPにチャレンジしてみようと思ったのか!?
本当にミーハーな理由なのですが、一番はフリースタイルMCバトルにはまったことが理由です。
昨今のフリースタイルバトルブームの立役者と言えばテレビ朝日で放送中の『フリースタイルダンジョン』ですが、私もこの番組でフリースタイルバトルにはまった口です。『ダンジョン』を知ったきっかけは、はてなブックマークで焚巻vs般若のバトルを熱く語った記事が話題になっていたからです。焚巻vs般若のバトルはSeason 1のREC2が放送された直後で、たしか一昨年の年末のことだったと思います。
RAPといえば、カラオケで歌うRIP SLYMEとケツメイシくらいしかしらないズブのヒップホップ素人ですが、焚巻vs般若のバトルを見たときは正直しびれました。映画『8mile』でバトルRAPをしていたシーンはうっすらと覚えていますが、日本語でガチのMCバトルを見たのは初めてでした。その後は、番組オフィシャルがアップロードしていた過去の放送をYoutubeで一気に見たのを覚えています。
モンスターがどれほどすごいのかも分からず、ただ純粋にMCバトルを楽しんでいました。それから後は毎週欠かさず『フリースタイルダンジョン』を見ながら、YoutubeでMCバトル動画を見たり、戦極やKing of KingsのDVD買ったりと一視聴者としてMCバトルにはまっています。
番組や大会で名勝負と言われるような試合を見れば、もちろん興奮しますし、視聴者としてもアドレナリンが出ますが、自分でやってみようとはこれっぽっちも思ってませんでした。ただ、出場者の経歴や言動で「おや!?」と思う発言がちらほらと見つかります。
RAPはじめて数か月や1年ちょっとで、キレッキレッのRAPをする人がけっこういるのです。もちろん才能もあると思いますし、そういう人は元々ヒップホップが大好きで素養があるとは思うのですが、RAPって誰でもできるのでは!?という浅はかな考えが頭に浮かぶように・・・。
上級者たちは「RAPは楽器がいらずにビートがあればどこでも誰でもすぐにはじめられる」というような発言を聞いて、さらに私はつけあがります。
「あれ!? これって俺でもできるんじゃね!?」
もちろん、まだできてないので、あくまで自分勝手に解釈してるだけですが、見てるの好きなら、チャレンジするだけでも良いかなと。できなかったらできなかったで、それはしょうがないですしね。
カラオケではケツメイシのラップを歌うのも好きですし、何よりRAPがうまくなったら気持ちよさそうですよね!
そんなわけで、理由としては浅はかですが、40前にして、少しずつRAPの練習をはじめてみようと思います。
練習を続けていければこのブログにも進展を書いていこうと思います!
スポンサードリンク
Tagged with:

Related Articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *