ハマる海外ドラマ を探す7つの方法

ハマる海外ドラマ を探す7つの方法

Pocket

ハマる海外ドラマ を探す方法、知りたくありませんか?

今や映画よりもドラマ業界が熱いと言われるほど、欧米圏の海外ドラマは世界中で人気があります。毎シーズン新作・大作がスタートし、日本でも毎月いくつもの海外ドラマDVDがリリースされます。

視聴者に選択肢があるとはいえ、こうも数が多くては、今いち面白さを感じないハズレ作品を引くこともあります。限りある余暇の時間、面白い海外ドラマを楽しみたいですよね。そこで、そこそこの数の作品を見てきた私が、面白い海外ドラマを見つけるための幾つかの法則を考えてみました。ここに挙げる項目に気をつければ、ハズレを引く可能性が少しは低くなるかもしれません。

スポンサードリンク

1. 長く放送してるドラマを選ぶ

当然と言えば当然ですが、長く放送しているドラマは人気(=面白さ)があってこそ契約更新されます。長いシーズンのドラマほど、当たりのドラマが多いです。感覚的ですが、5シーズン以上のドラマは安定的な面白さがあります。

5シーズンくらいで終了のドラマは、キャストもベテランの域に入り話の作り方も断然うまく、おかしな終わり方は少ない印象です。

3~4シーズンのものは、シーズン1が面白かったものの尻すぼみで人気が落ちた可能性があります。(HEROESとか。1シーズンは神がかり的に面白かったのに・・・)

2シーズンのドラマは中途半端・・・。そして1シーズンで終了のドラマは人気が出ずの「打ち切り」。謎を残したまま終了することが多く消化不良で終わってしまうのでオススメしにくいですね。

2. 新ドラマは打ち切り情報をチェックしておく

新ドラマで、本国とほぼ同時に放送がスタートする海外ドラマ(またはDVDリリースが早いドラマ)は注意が必要です。鳴り物入りでスタートしたドラマでも、シーズン中盤の人気次第で次シーズンの継続か否かが決まります。本国での打ち切りが決定した場合、面白さが十分ではなかった可能性があるので、シーズン後半で盛り上がる可能性も少ないでしょう。(スピルバーグ製作のテラノバの放送開始時の盛り上げ方はすごかったですが、結局打ち切りに・・・好きだったんですが・・・)潔く見るのを止めるというのも手です。日本での放送が決定した時点で、シーズン1で打ち切りのドラマもありますので、新しいドラマを見るときは打ち切り情報をチェックしておくのが良いと思います。

3. 1シーズンのエピソード数が12~16話のドラマがちょうど良い

2クール半年のドラマだと1シーズン24話前後になり、中だるみしたり、話の進み方が冗長なことが多く、見る方も惰性になりがちです。1シーズン、12~16話くらいだと、中盤でだれずに一気にストーリーにのめり込めることが多い気がします。(ブレイキング・バッド、ゲーム・オブ・スローンズとか)DVDだと6巻分(12話前後)くらいの作品が良かったりします。24もリブ・アナザー・デイで話数を減らしたことが、好評のようですね。日本でもサービスを開始しているNetflixのオリジナルドラマは10話前後のものが多く、一気見もできるのでオススメです。

4. 全米視聴率No.1(もしくは全米で○○○万人が観た!系)にはだまされるな

新ドラマの製作陣にヒット作連発の大物プロデューサーやクリエイターがいると、シーズン前半に瞬間的に高視聴率が出ることがよくあります。大切なのは1シーズンを通して面白さが持続することです。シーズン前半に高視聴率がでても打ち切りになったドラマもけっこうあります。「全米視聴率No.1」のうたい文句には注意して下さい。「○年連続 No.1」とかは何年も安定している証拠なので、問題ありません!

5. 観る・観ないの判断はシーズン中盤で判断する

鳴り物いりでスタートしたドラマが2回目、3回目と回を重ねても面白くならないことがあります。1話、2話で見るのを止めるというのも手ですが、シーズン中盤から盛り上がるドラマもあるので、1シーズンの半分くらいまで観てみるのも良いと思います。私の場合、GRIMMがシーズン前半、盛り上がりが欠けているように感じましたが、中盤から一気にはまって、今ではお気に入りのドラマになっています。

6. アワード受賞(ノミネート)作品をチェック

テレビ番組を対象としたアワードの受賞作、ノミネート作は目の肥えた審査員が吟味した作品ばかりなので、当たり前ですが面白い作品が多いです。エミー賞ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品は、毎年チェックするのが良いでしょう(まぁ、毎年ノミネートされる作品は固まってるのですが・・・)。他にはピープルズ・チョイス・アワードや、若い方はティーン・チョイス・アワードをチェックしておくと良いでしょう。

7. IMDbやRottenTomatesのレビュー点数を参考にする

IMDb(Internet Movie Database)やRotten Tomatoesは、テレビ番組や映画に関する情報のオンラインデータベースです。私の経験上、面白いと感じたドラマは総じてレビューの点数が高いので、新しいドラマが日本でスタートするときなどに、評判などをチェックしています。


私の感覚ですと、IMDbでのレーティングと面白さは下記のような関係になります。

8.5以上 傑作

8.0~8.5 名作

7.5~8.0 良作



スマートフォンのアプリもあるので、レンタルDVDショップで新しいドラマを探すときなどにも使えますね。製作スタッフや、俳優の情報なども網羅されています。見ているドラマで気になる出演者がいたら、IMDbで検索して、他にどんなドラマに出演しているのかもすぐ分かります。

いかがだったでしょうか。独断と偏見による、面白いドラマを見つける方法などをまとめてみました。みなさんの海外ドラマが素敵なものになるよう願っています!

スポンサードリンク
Tagged with:

Related Articles

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *